金融機関などでカードを発行しますと、枠が2つ付与されます。いわゆるキャッシングとショッピングですね。

そのカードの保有者の方々は、総じてショッピングの枠を利用している傾向があります。いわゆる買い物用の枠なのですが、キャッシングとの大きな違いの一つは現金を目視確認できるか否かです。

そのカードを用いて買い物をする時には、少なくとも紙幣などを自分の目で見る事はないでしょう。あくまでも金融会社が立替払いをしているからです。実際には金融会社から借りているのですが、少々実感がわきづらい一面があります。

それに対してショッピングでない枠の場合は、実際に現金を目撃する事ができます。例えばコンビニ設置されている機械に対して、そのカードを挿入したとします。すると、その機械から現金が出てくるのを目撃できるのですね。

もしくは振り込み入金なども同様です。インターネットなどで手続きを行いますと、自分の銀行口座などに現金が入金されているのを目視確認できる訳です。もちろんショッピングの場合は、それは確認できません。現金を目撃できるだけに、ショッピングよりは「借りた」という実感が湧きやすいですね。

つまり借りた「現金を自分の目で見る」ことができるのが、キャシングの特徴の1つといえるでしょう。